抗生物質について

抗生物質とは

抗生物質って、いい薬なの?

抗生物質が発見される前、ヒトは感染症にかかると、自力で治せない場合、死ぬしかなかったの。
抗生物質が薬として使えるようになってから、生死にかかわるような感染症から生還することができるようになったので、その意味では、とても大切な薬よね。

抗生物質の問題

そうなのね。

生死にかかわる感染症に効果があるにしては、良く処方されているような気がするけど、それはいいのかな?

今、抗生物質は生死に関係なく多用され、細菌による病気でない場合も使われるようになり、様々な問題が出てきているのよ。

例えば、どんな問題?

抗生物質も薬なので、当然、副作用があるのよ。

発疹ができたり、下痢するなどの比較的軽い副作用から、アナフィラキシーや不整脈、薬疹(この記事を参照)といった重大な副作用もあるの。

悪い細菌だけを殺すのではなく、ヒトにとって大事な常在菌も殺してしまうので、別の病気になったり、病気をこじらせたりすることもあるのよ。

それって、まずいよね・・・

それに、聞いたことがあると思うけど、耐性菌ができることによって、抗生物質が効かない細菌が増えているの。

耐性菌が原因で生死にかかわるような病気になった場合、抗生物質が効かなければ、命を救うことはできないのよ。

耐性菌って?

抗生物質を使い過ぎてしまうと、細菌の中で、その抗生物質に耐性を持つ細菌が出てくるの。

すなわち、耐性を持つってことは、細菌がその抗生物質に対して抵抗力を持つことで、その抗生物質ではその細菌を殺せなくなってしまうということよ。

ということは、抗生物質が効かないってことだよね?

そうなの。

耐性を持つ細菌が原因の感染症にかかったら、抗生物質は効かないので、自力で治るしかないということになるわ。

生死にかかわるような感染症だったら、最悪、死んでしまう可能性が高くなってしまうの。

折角の抗生物質が使えなくなってしまうなんて・・・

だから、生死にかかわるような感染症でない限り、抗生物質をむやみやたらに使うのは慎まなければならないのよ。

でも、風邪をひいても、抗生物質が出ることってあるわよね?

以前ほどではないとは思うけど、今でもあるみたいね。

そもそも風邪はウイルスが原因で、細菌が原因ではないので、抗生物質は必要ないのよ。

抗生物質の予防的使用について

他にも知っていた方がいいことってあるの?

手術や出血を伴う歯科処置では、菌が血中にばらまかれて敗血症を起こす危険性があるので、原則、手術や処置の直前に抗生物質を1回だけ使用するの。

これで、手術や処置後の抗生物質は不要になるのよ。

そうすることで、耐性菌ができにくくなるわ。

そうなんだね!

抗生物質を処方されたら

抗生物質を処方されたら、どう考えたらいいの?

日本では抗生物質の誤用や乱用が多いと言われているの。

ちょっとしたことで、病院に行って抗生物質を飲むのは止めたほうがいい、生死にかかわるような時以外は使わない方がいい、と思っていてちょうどよいくらいよ。

例えば、どんな時は必要ないとかってあるの?

風邪などのウイルス感染症には、そもそも抗生物質は効かないわよね。

急性中耳炎、急性副鼻腔炎に抗生物質は原則必要ないの。

ほとんどの場合、自然に治るのよ。

自然に治るかどうか観察しないで、いきなり抗生物質を出すのは、ちょっと考えた方がいいわね。

忘れな草
忘れな草

自力で治るような軽症の感染症には抗生物質は必要ありません。

抗生物質は、常在菌との共生や身体の自然な働きを破壊してしまいます。

私たちには、自力で治る力があるのですから、安易に抗生物質に頼らないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました