鉄のサプリと鉄剤の注射について

鉄のサプリは必要か?

鉄不足の人が鉄のサプリを飲むのはいいの?

以前は、鉄不足になりやすい生理があっている女性は摂った方がいいと思っていたのだけど、今は、そうは思っていないの。

どうして?

一部の日本のオーソモレキュラー医師の方達が、鉄欠乏について盛んに言わっているけれど、その根拠について、私にはよく分からないの。

元々のアメリカのオーソモレキュラーでは、日本の先生方のように鉄欠乏について言及していないのよ。

「鉄はオーソモレキュラー医学で、高容量では使用されない栄養素の一つである。

これまでのところ、平均的な容量以上に必要とされた疾患や症状はない。

また、過剰な量の鉄は非常に排出が困難である。」

と、ある本には書いてあるわ。

そうなの?

日本人のオーソモレキュラー系の先生でも、鉄を重要視している先生ばかりではなくて、

「鉄剤はフリーラジカルの発生源でもある。

体の酸化が促進され、各種疾患にかかりやすくなる。

鉄欠乏貧血の女性というのは、実は欠乏しているのは鉄だけではなくて、他のいろいろなミネラルが不足している。」

という先生もいるのよ。

もしそうだとしたら、鉄をサプリでは摂らない方がよさそうだよね。

鉄の働き

鉄って、身体の中でどんな働きしているの?

鉄はとても大事なミネラルであると同時に、危険なミネラルでもあるの。

知っていると思うけど、血液中の赤血球が細胞に酸素を運ぶのには鉄がなければできないの。

それだけでなく、細胞内でエネルギーを作る時にも、鉄は重要な役割を果たしているのよ。

じゃあ、危険な部分は何かな?

鉄が体内でフリーの状態で存在すると、反応性が高いので、周りのものをどんどん酸化させてしまう危険があるの。

だから、身体は何重にも鉄がフリーにならないような仕組みを作っているのよ。

また、バクテリアや真菌、寄生虫、がん細胞などのすべての成長に鉄は必須なので、身体は鉄を利用されないような仕組みも持っているの。

そうなんだ!

身体ってよくできているのね。

しかも、体内の必要な鉄はリサイクルでほとんどが賄われていると言われているし、女性は男性より鉄の吸収率が3倍、妊娠時には9倍にもなるのよ。

肝臓に豊富な鉄のストックがあるので、事故などで大量出血した時以外では、鉄欠乏性貧血になることは極めてまれだとも言われているの。

鉄剤の注射について

知り合いの妊婦さんが貧血で、鉄剤の注射をしているって聞いたけど、大丈夫なのかな?

鉄剤(フェジン)静脈注射は、タンパクに結合していないフリーの鉄が血液中に入っていくので、とても危険なのよ。

過剰な投与は身体によくない活性酸素を発生させることとなるの。

それって、危険だよね・・・

そうなの。

産婦人科で妊婦に頻回に鉄剤の注射をすることは、フリーの鉄過剰となり寿命を縮める行為なので、絶対に受けないようにした方がいいと思います。

貧血には

貧血の人はどうしたらいいの?

貧血の原因は、甲状腺機能低下により、鉄の吸収・利用が低下することだと言われているの。

ということは?

甲状腺機能低下は糖のエネルギー代謝の低下とリンクしているので、貧血の改善には、果糖を含む糖質をしっかり摂ることがお勧めです。

また、鉄を安全な状態にするには、鉄にくっつくタンパク質が正常に作られる必要があるの。

そのためにも、糖のエネルギー代謝が高まっている必要があるわ。

それなら、果糖を含む糖質とタンパク質をしっかり摂ることは大事なのね。

そうよ。

必要な栄養があれば、身体は正常に働いてくれるので、後は、安心して身体に任せていればいいのよ!

忘れな草
忘れな草

食事については、以下の記事を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました