よく詰まっていた耳

子どもの頃からの耳の不調

小学生の頃から、何が原因なのか分かりませんが、耳が詰まることがよくありました。

つばを飲み込んだり、あくびをしたり、他にもよさそうと言われることをいろいろやっても治る時と治らない時がありました。

耳鼻科に行って、耳管を通してもらうと治る時もありましたが、治らない時もありました。

耳が詰まると、自分の声が頭の中で響いて、周りが聞こえにくくなり、とても話すのが億劫になったものでした。

話したくても、自分の声が頭の中で響くので、煩わしくて、話したいのに話したくないという・・・とてもイライラしていました。

熊本の阿蘇山に行ったら・・・

よく覚えていませんが、中学生の頃だったと思います。

家族で、熊本の阿蘇山に行って、頂上を目指して歩きだしたのですが、すぐに、耳がどうしようもないくらい痛くなり、一歩も歩けなくなりました。

あまりの痛さに驚いたのを覚えています。

それも、この耳が詰まりやすいのに関係しているのかなと思っていましたが・・・

よく考えたら、足が悪くて、行きつけの整形外科の先生から山登りはしてはいけないと言われていたのに、親はそんなことを覚えていないのか、学校の遠足で山登りがあってもさせられていたし、今回のように阿蘇山に登るということもさせられていました。

今にして思えば、体が耳を使って、精一杯、拒否していたのかもしれません。

20歳代前半で耳鼻科で言われたこと

結婚して数年経って、耳が詰まった状態が何日経っても改善されない時がありました。

仕方なく、耳鼻科に行ったのですが、そこで、聴力を測ってもらったら、

あなたは人の声の音域の聴力が悪いわね。このままだと・・・若いのにお気の毒に・・・

・・・

私が勝手に感じたのかもしれないのですが、数年後には耳が聞こえなくなるような感じの言い方でした。

病院に行きましたが、そこまで医師が言うことを信じない子どもで育ってきたので、本当かなと心配になるよりは、本当にそうなのかな???という感じでした。

飛行機に乗る度に

その後も、耳の調子はよかったり悪かったりでしたが、飛行機に乗った時は酷かったです。

飛行機から降りて、調子がよければ、しばらくすると普通の状態に戻るのですが、うまくいかない時は1週間くらいその状態が続き、その度にうんざりしていました。

当然、病院に行っても治らないので、病院に行く選択肢はありませんでした。

私の耳のメンテナンスのやり方

ある時、いいことを思いつきました(^^♪

24歳くらいから、独学で、足裏のマッサージ「足心道」をするようになりました。

足の裏に耳に対応するツボがあります。

足と手は対応していて、足がほぐせない時は手でもいいということでした。

それで、試しに、飛行機に乗った時に、上昇する時と降りる時は耳に対応する手のツボをほぐしました。

すると、耳が詰まりませんでした\(^o^)/

これを境に、耳が詰まりにくくなり、今では滅多に詰まることはありません。

今の耳の状態

今、60歳を過ぎましたが、耳はあの時の耳鼻科に行った時より聴力が悪くなったとは思えません。

少々、人の声が聞き取りにくいような気もしますが、生活には困っていませんので、ラッキーと思っています。

病院で言われたことは、一体何だったのでしょう???

コメント

  1. Satomi より:

    さっそく拝読させて頂きました。
    忘れな草さんが「今は幸せ」と思われることに納得です!
    幼い頃から随分とご苦労されて来たことは、度々聞いていましたので何となく理解していたつもりでしたが、このブログでなるほど〜とよく分かりました。
    幼い頃から疑問を探求し、諦めないで突き詰めた結果が今の幸せに繋がったんですね❣️素晴らしいと思います❗️
    私も忘れな草さんのアドバイスのお陰で、長年服用していたサプリメントと抗うつ薬を止めることが出来ました。薬に頼らず偏らない食事!ほんと大切ですよね!そのためにはブッダの教えで正しい生き方を学ぶことが重要かなぁと思っています。ありがとうございました😊🙏

    • 忘れな草 より:

      Satomiさん、コメント、ありがとうございます。
      Satomiさんがサプリやお薬を止めることができたのを、本当に嬉しく思います。

      過去の苦労を含めたすべてのことが、今の自分に気づくためにあったのだと、しみじみ思います。
      なかなか気づけなかったので、その分、たくさんの経験をさせてもらいました。
      お蔭様で、自分の経験をシェアすることが、誰かの役に立つかもと思い、このブログを始めました。

      仏教に出会えたのも、Satomiさんと知り合えたもの、有難い縁だなぁって思っています。
      これからもよろしくお願いします(*^-^*)

タイトルとURLをコピーしました